細胞 ビーグレン 若返り

みるみるお肌が若返る!アメリカで大人気のバイオ基礎化粧品b.glen

フリーラジカルのダメージから細胞を守るもの

フリーラジカルが日常の生活、呼吸や消化等から常に生まれて、毎日細胞を傷つけていても、普通に暮らせているのは、体の中にもともと存在する、高酸化物資の働きがあるからです。

 

高酸化物質は、電子を失って、飛び回りほかの細胞を傷つけるフリーラジカルに電子をあたえ、安定させて無害化させる、高酸化作用を持っています。体内の高酸化物質の働きで体がぼろぼろにならずにすんでいる、というわけです。

 

しかし、老化は確実に起こります。それは、体内の抗酸化物質が加齢で減少することと、フリーラジカルが過剰に発生することが原因です。フリーラジカルの過剰な発生を抑えるためには、外的な要因をできるだけなくすことが大切ですが、減少した抗酸化物質を食事やスキンケア化粧品などで補うことも有効な手段です。

 

高酸化作用のあるビタミンやポリフェノール、ミネラル等を多く含んだ食品をとるように心がけるとよいですね。ただし、こればかりを摂るのではなく、あくまでもバランスよく、が基本です。

 

また、肌の若返りに効果のある成分を配合したスキンケア化粧品で、減少した成分を補給し、細胞の活性化をしてフリーラジカルのダメージから肌を守り、若返りをしましょう。

細胞を活性化する成分

表皮細胞を活性化する働きがある成分
EGF(表皮細胞増殖因子)です。アメリカの生物学者スタンレー・コーエン博士はEGFの発見で、ノーベル医学生理学賞を受賞しています。やけどの治療等に使われていて、皮膚の細胞を再生させる働きを持っています。

 

繊維芽細胞を活性化する働きがある成分
FGF(繊維芽細胞増殖因子)が話題ですが、不安定で分解しやすい性質があります。このFGF機能を高めるのがポリリン酸です。体内のFGFを安定させて長い間機能するようにする働きがあります。繊維芽細胞を活性化し、コラーゲンの生成が進みます。

 

(ポリリン酸も不安定で分解しやすいのですが、この欠点を解決したのがビーグレン独自のポリリン酸、分割ポリリン酸です。)

 

浸透するスキンケア化粧品で若返り
スキンケア化粧品配合されている成分はほとんどが水溶性です。肌のバリア機能を浸透していくのは難しく、また、ビタミンCのように大変壊れやすい成分も多いので、そのままでは肌が必要としている場所に届くことができません。

 

スキンケア化粧品の進化はめまぐるしく、浸透技術も進んできました。ビタミンC誘導体、のように浸透しやすく改良された成分もあります。

 

「浸透」をうたい文句にした製品が確実に増えてきています。肌が必要としている若返りに有効な成分を、必要な場所に届ける浸透する技術もスキンケア化粧品に求めらる時代となっています。

細胞に届く、ビーグレンの浸透技

浸透しても、必要な場所まで届かなければ、折角の成分も効果を発揮することができません。たとえば、コラーゲンを必要とするのは真皮です。真皮まで浸透しなければ、真皮のコラーゲンを補給することはできません。

 

肌トラブルにマルチに有効、といってもよいビタミンCは、浸透しやすい形にして化粧水に配合しても、壊れやすいので保存がききません。

 

これらの問題を解決したのが、国際特許を持つ、ビーグレンの医療レベルの浸透テクノロジーです。
ブライアンk・ケラー博士のQuSomeというドラッグデリバリーシステムで必要な成分を肌の必要な場所に確実に届けることが可能になりました。

 

ナノサイズのカプセルに有効成分をつつみこみ、そのまま確実に浸透させる技術です。(歯医者さんのぬる皮膚麻酔、を思い浮かべてください。皮膚にぬることで注射をした時と同じようになりませんか)

 

ターンオーバーの仕組み

ナノサイズ(きわめて微粒子です)なので、フリーラジカルを無害化する抗酸化物質や、細胞を活性化する成分、美肌に有効な成分が肌にストレスを与えることもなく、素早く確実に浸透していきます。

 

たとえば、高濃度のビタミンC美容液 Cセラムは手に取ると、これがビタミンC?と思うほど、オイルのようにトロッとしていて、肌に塗るとべたつきそうに思えますが、そうではなく、すうっとなじむんです。少し暖かく感じることもあります。浸透!と実感します。